正義の味方ラウンジ

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢一郎代議士の強制起訴を受けて5

<<   作成日時 : 2010/12/10 23:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「小沢一郎代議士の強制起訴を受けて4」において、
小沢さんが潔白であるという根拠を纏めて投稿しましたが、
更なる新事実が出てきました。
先週日曜、日比谷野音において行われた、
検察・検察審査会を糾弾する市民による集会において、
民主党の森裕子議員が東京第5検察審査会の疑惑について語りました。
「小沢一郎代議士の強制起訴を受けて4」を読んで頂いてから、
森さんの発言を収めた動画を見て頂ければよいかと思います。
その後、この投稿の末尾にある追申も読んで頂ければ、なお宜しいかと。
「小沢一郎代議士の強制起訴を受けて4」↓
http://02283852.at.webry.info/201011/article_2.html
森さんの動画↓


また、集会に伴うデモの全模様を収めた動画もあります。
大阪地検の裏金疑惑を追及したため逮捕された元大阪高検の三井環さんや、
社民党前衆院議員の保坂展人さんなど、多くの著名人が参加し、
総勢3,000人ほど集まりました。
インタビューに答えた一般参加者達の発言にも注目して下さい。
マスコミが私達に絶対に教えてくれることのない、
貴重な情報も数多く含まれています。
動画はこちら↓
http://www.ustream.tv/recorded/11262590

追申: 小沢さんの件に関して、
森さんが検察審査会に審査事件票の開示請求をしたところ、
一回目審査の審査事件票のみ開示されました(二回目審査分は開示拒否)。
しかも重要箇所は殆ど黒塗りとのこと。
審査事件票とは、審査期間、会議の回数、出席者数など、
検察審査会の開催状況を事件ごとに書いた資料のことで、
検察審査会により毎月最高裁に提出されます。
議事録や会議録とは異なり、
飽くまで審査期間、会議の回数、出席者数などを書いただけの資料にも関わらず、
それすら黒塗りで開示というのは一体どういうことでしょう。
出席者の個人名が書いてあるわけでもないのに。
まさか審査会そのものが実は開催されていなかったということはないでしょうね?
しかも二回目審査分は最高裁の通達で「作成すらされなかった」とか。
司法がとてもきな臭く思えてならない昨今です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
小沢一郎代議士の強制起訴を受けて5 正義の味方ラウンジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる